日本の婚約の儀、行ってみませんか

婚約の歴史をたどってみると、ギリシャで見られるように売買婚の為に婚約指輪が準備されていたとか、日本は母系社会だったなど、今まで知らない歴史が見えてきます。婚約の儀、結納は、明治時代に一般庶民の中に徐々に浸透していく中、地域によって違いが出てきたこともあります。

当初は同じようなものだったと考えられますが、今は関西と関東で違いがありますし、地域によってこまごました違いが存在しています。そのため、結納、婚約の儀をしっかり行うという事なら、出身地に沿った結納を考えなければなりません。
例えば広く見てみると、関東では男女両家が同じくらいの結納品を準備し交換するため、結納を交わすといいますが、関西では男性方が女性方に結納品を贈るという習慣なので、結納を納めるといいます。

方法が違っても、結婚を誓った二人それぞれの両家が、婚約の約束を交わし、嘘偽りなく、この結納を変えない印としてお互いに結納品を交わす、若しくは男性方が女性方に結納品を納めるのです。心変わりしないこと、これから両家が親類となっていく第一歩となる儀式です。

日本古来の歴史を結納、婚約の儀という儀式で残していくということも大切な事でしょう。もしも、婚約されるカップルがいるのなら、正式な結納、婚約の儀を行うのも素敵な両家の思い出になるでしょう。

日本の婚約の歴史

婚約は現代でこそ略式で行われることが多くなりましたが、現在でもしきたりどおり、結納の儀式を行う両家もあります。
結納は1400年前に期限があるとされています。最初の記録は日本書紀にある納菜というもので、羽田矢代宿禰の娘「黒媛」を妃として迎える時に行われた儀式が結納、つまり婚約の儀式の始まりと記録されています。

これがのちに結納という儀式にしっかりと作法化されたのは室町時代です。しかしこの時代、こうした儀式を行うのは位の高い人たち、公家、武家の家だけで、一般庶民は結婚の儀式さえも行わない、習慣にない物だったので結納などは全く知らず、そういったものをあげる事すら考えたことがなかったでしょう。

では一般庶民が結納という儀式を行うようになったのはいつごろなのかというと、明治時代になってからです。
ギリシャにみられたように、売買婚は日本の中に存在せず、日本は昔から、「男性が女性側に寄っていく」という招婿婚という形が主流でした。それが武家天下となった室町時代に変化し、父系社会となったことで婿を招くという事から、嫁を取る方向へ変化していったのです。

ここで嫁取り婚となったことで、結納は中国に習うようになり、納菜、問名、納吉、納徴、請期という5つのしきたりを行うようになり、これが結納の起源ともいえるでしょう。

結納の品々

日本がもともと母系社会で、招婿婚だったという事は現代社会に暮らす女性として驚きと感じる方も多いでしょう。いつしか武家時代になり男性が常に女性よりも上という立場になってから、結納は確率化され現代は少なくなりましたが、婚約の偽、結納を執り行うようになったのです。

婚約の偽となる結納という言葉の起源は諸説あり、両家を結ぶという意味で結納というという話もありますし、結のもの、宴席でふるまわれる酒・肴を意味するといわれることもあります。

また云納「いい入れ」という結婚を申し込む際に利用されていた表現が、いつしか結納となったという説もあります。いずれにしても、めでたい席、両家を結ぶという意味が濃い言葉と解釈していいでしょう。

結納に利用する9品目は目録、金包、長熨斗、末広、友志良賀(ともしらが)、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、松魚節・勝男武士(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)です。
こんな字を書くのか?と驚かれた方も多いと思いますが、長生きするようにとか、ともに白髪になるまで添い遂げるとか、年月がたち噛むほどに味が出るするめのような夫婦にとか、子宝に恵まれますようになど、色々な意味が込められています。
地域によって目録は数にしないという所もありますので、結納の際には確認が必要です。

当初婚約は売買だった?

女性なら誰しも憧れる婚約指輪、最近は結婚適齢期が遅くなったともいわれていますが、やっぱりエンゲージリングは女性の憧れ、いつか自分もプロポーズの際、素敵なエンゲージリングを手渡してくれる男性が現れると夢見ている人も少なくないでしょう。

現代では男性が女性にプロポーズする際、婚約指輪を贈るという事が一般的になっていますが、昔は結婚の約束をして婚約式を行う際、男性側が結納の品と共に準備してきたものです。
婚約指輪は一生の愛の証であり、結婚を前提とした指輪です。女性がこの指輪を待ち望むのも、素敵な男性との愛をいつか実らせて幸せになりたいと願うからこそでしょう。

TOPIC|ガラ おかちまち|御徒町・銀座・新宿・横浜元町のジュエリー・結婚指輪・婚約指輪

婚約という歴史がいつから始まったのかという事は定かではありませんが、一般的にはギリシャの時代に始まったといわれています。今でこそ、愛する者同士が愛を誓い合う指輪となっている婚約指輪ですが、当時はそんなに甘いものでもなく、家同士の結婚の約束という事で、婚約を交わした家、夫が妻となる人を買うという事で、妻となる人の親に指輪を渡していたという歴史があります。

ちょっとイメージが悪いのですが、家同士で決められた結婚の際、男性側の家が女性を貰うお金を払う、つまり売買で利用されたのが婚約指輪だったのです。当サイトは婚約の歴史を紹介します。日本ではいつごろから婚約という儀式があったのか、また婚約指輪はいつごろから存在したのか、当サイトで情報として知っていただけたら幸いです。