日本の婚約の歴史

婚約は現代でこそ略式で行われることが多くなりましたが、現在でもしきたりどおり、結納の儀式を行う両家もあります。
結納は1400年前に期限があるとされています。最初の記録は日本書紀にある納菜というもので、羽田矢代宿禰の娘「黒媛」を妃として迎える時に行われた儀式が結納、つまり婚約の儀式の始まりと記録されています。

これがのちに結納という儀式にしっかりと作法化されたのは室町時代です。しかしこの時代、こうした儀式を行うのは位の高い人たち、公家、武家の家だけで、一般庶民は結婚の儀式さえも行わない、習慣にない物だったので結納などは全く知らず、そういったものをあげる事すら考えたことがなかったでしょう。

では一般庶民が結納という儀式を行うようになったのはいつごろなのかというと、明治時代になってからです。
ギリシャにみられたように、売買婚は日本の中に存在せず、日本は昔から、「男性が女性側に寄っていく」という招婿婚という形が主流でした。それが武家天下となった室町時代に変化し、父系社会となったことで婿を招くという事から、嫁を取る方向へ変化していったのです。

ここで嫁取り婚となったことで、結納は中国に習うようになり、納菜、問名、納吉、納徴、請期という5つのしきたりを行うようになり、これが結納の起源ともいえるでしょう。