当初婚約は売買だった?

女性なら誰しも憧れる婚約指輪、最近は結婚適齢期が遅くなったともいわれていますが、やっぱりエンゲージリングは女性の憧れ、いつか自分もプロポーズの際、素敵なエンゲージリングを手渡してくれる男性が現れると夢見ている人も少なくないでしょう。

現代では男性が女性にプロポーズする際、婚約指輪を贈るという事が一般的になっていますが、昔は結婚の約束をして婚約式を行う際、男性側が結納の品と共に準備してきたものです。
婚約指輪は一生の愛の証であり、結婚を前提とした指輪です。女性がこの指輪を待ち望むのも、素敵な男性との愛をいつか実らせて幸せになりたいと願うからこそでしょう。

TOPIC|婚約指輪(エンゲージリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町のダイヤ・ルース・ジュエリー

婚約という歴史がいつから始まったのかという事は定かではありませんが、一般的にはギリシャの時代に始まったといわれています。今でこそ、愛する者同士が愛を誓い合う指輪となっている婚約指輪ですが、当時はそんなに甘いものでもなく、家同士の結婚の約束という事で、婚約を交わした家、夫が妻となる人を買うという事で、妻となる人の親に指輪を渡していたという歴史があります。

ちょっとイメージが悪いのですが、家同士で決められた結婚の際、男性側の家が女性を貰うお金を払う、つまり売買で利用されたのが婚約指輪だったのです。当サイトは婚約の歴史を紹介します。日本ではいつごろから婚約という儀式があったのか、また婚約指輪はいつごろから存在したのか、当サイトで情報として知っていただけたら幸いです。